Hachinosu Records

自主音楽レーベル。所属アーティストが色々書きます。所属アーティストが。

MINT YELLOWの話

約束の歌。つらい別れがあっても過ごした日々は悲しい思い出じゃないから、今も笑っていられるように。

みんちゃんとネアチャン、ミンネア、みんなの歌です。


「朝からビル8F dollar dollar bill y'all
ただ居るだけ enough ダラダラchill もう話題尽きたけどなんでか楽しい 笑い疲れても足りねー当たり前のeveryday」
そのまま。笑い疲れてるけど、それでも足りないくらい最高の日々だよって。dollar dollar bill y'allはラップの常套句みたいなやつで、金を稼ぐ、札を積み上げるみたいな意味。chillは落ち着く。

「こういう日々がずっと ずっと続くならそれが夢 でもやっぱ終わりとかあんのかな?そりゃそう意外と近いかも」
そんな日々が続くことが俺の夢だったよ。他に何もいらなかったよ。少し前に予感はしてたんだけどね。

「なぁSay,Hello Hello さあ始めよう」
ネアチャンも好きなハロプロの名曲、友のサンプリング。愛しているんだ。ずっと仲間だろ。

「来年も再来年もそのまた来年も 適当にフリースタイル みんなでティータイム 続けていけるよう 種蒔いた未来」
続かないことは分かってるけど、言葉にすれば形になるかも。種蒔いた未来はサンプリング。“種蒔いた未来 上手く笑えてるかね、man in da mirror”が元。

「コーラばっか飲んでブッ飛んだ頭 中は空さ でも仲間だから ya
悩みとかあんなら聞かしてくれな 笑い飛ばすぐらいしてやっからよ」
コーラが大好き。黒い感情も泡にして爽やかに弾けるよね。君たちのために出来ることなんて俺にはないけど、笑いあって忘れる瞬間作るくらいならできると思うぜ。

Hook
「I will sing of my redeemer 顔を上げたら みんな笑ってた 遅くなったpromised song 声届くように 君に歌うから 変わらず笑ってて」
私は私の救い主に歌う。鬱の時でも顔を上げたらみんなは笑ってくれてた。直接ネアチャンに聴いてよ!って言えなくなってから作った。遅くなった約束の歌だけど、届くようにずっと歌うから、今も変わらず笑っててほしい。

Verse2
「ミントにソーダ 爽やかな朝 視界を黄色に変えてく麻 幸せな日々は 泡になり弾け 今じゃ振り返る街並みはセピア」
ネアチャンとは早い時間に会うことが多くて、草的なアレとかけて視界が黄色って言ってる。所謂セピア色ってくすんだ黄色ですよね。

「ピアスホールにさげる口約束 隠そうとしない躁鬱とbad soul
鏡の自分 問いかけた未来 上手く笑えてるかね man in da mirror」
ピアスホールには2人を埋めて、悲しいことも隠そうとしない。鏡の中の俺は上手く笑えてるかな。verse1種蒔いた未来からのman in da mirror

「効かない眠剤を酒で流し込む また一つ傷跡増やし 飛び起きる
kill me now baby夢見るベッドの上 あの日々を思い浮かべる」
睡眠薬も効かないし、みんなでキャハハって笑う夢見て汗だくで飛び起きる夜があって、こんなに苦しいならいっそ今すぐ君が俺を殺してくれ。

「失ったものはもう目に映らない 瞼の裏に焼き付いた光 YELLOWとソーダ Dreamin’light
peace to da 未来 そうだwe're alive」
失ったものはもう目に映らない 悲しいが仲間も俺を映せないっていうWillywonkaのサンプリング。瞼の裏には黄色と青の夢の光。ハロー、そうだwe're alive

「when if this song reaches to my redeemer
みんな笑ってて 馬鹿にしていいから
夢の続きを描いたよMINT YELLOW
此処で歌うから どうか笑ってて」
もしこの歌が君に届く時は、馬鹿にしてもいいから笑っててほしい。
叶わなかった夢の続きを俺が描いたよ。歌い続けるから、どうか笑ってて。

call me babyの話

どうもどうも。今日も今日とて歌詞を解説しちゃうよ。パチパチパチ どうも、どうもね。

call me babyってことで、らんらんの曲です。

また。またです。会う度に色んな好きが見つかるせいでどんどん書いちゃってる。らんらんの曲というか、らんらんに対する僕についての曲というか、どれだけ好きなのか、何故こんなに好きなのかを歌った曲です。

前置きおわり!絶妙な言葉のケツの結合レースの始まりですよレッツゴー!


lyrics

「長いこと憧れていた生活 心躍る分時間は流れる
噂話や又聞きで聞いた人達のように俺もなってきた スーツのまま乗り込んだタクシー」
仕事終わりにスーツのまま駆けつけるオタクっての1回やってみたかったんだよね。今そんな生活出来てて、だけど君といると時間が過ぎるのがはやい。つってる。

「ようやく会えたのに照れ隠し もうカッコつかないね 君を前にすりゃ言葉出なくなるせいで」
気取った曲とか書いてみても、会った時には好きが溢れて言葉が出ないんだからカッコつかないねって。落ち着いててかっけー男になりてー。

「いつも好きになってから思う 後悔は後には立ったね」
何をするにも俺はスタートが遅い。他にもいろんな後悔がある。先には立たないけど後には立つ。人間は脆いからそれに傷つく。

「馬鹿にしていい笑っててくれ 信じてほしい 俺の言葉
狭い視界 俺はもう これ以外のものが見えていないだけか」
ラップなんて作ってる痛いオタクのこと、馬鹿にしてていいから、せめて信じてほしい。俺は言葉を誰より大切に扱ってるから、嘘なんてないし俺が好きって言えばそれは揺るぎない愛なんだ。

「君が照らしてくれたお陰で深かった傷も今となれば影」
悲しみに絶望してた俺の前に現れて、君が明るく照らしてくれた。抉れたまんまで影にはなってるけど、傷は癒えたよ。

「限られた時間の中 どれだけお互いを知れたことだろう baby call my name 呼んでくれ 君のその声が光
I love you baby その言葉一つで闇は晴れんのさ」

まだ会ってそう長くない。この先も、短いかもしれない。そんな関係でどれだけ君を知れて、俺を知ってもらえるんだろう。
君が“かずくん”って呼んでくれたあの時、その声は光となって俺の闇を晴らしてくれた。


という感じの曲。なんかキザになっちった。hook(サビ)できたらまた書きます。

「かわいい」の話

ラップを趣味としている人間が語るには随分と「かわいい」話題だが、最近Twitterで顔見知り(たまに行くバーの店員)が整形についてのツイートでバズっていたのでちょっと書いてみようと思う。暇だし。


あれはたしか私が小中学生だった頃、TVCMで「カワイイはつくれる」というキャッチコピーを用いて、花王がシャンプーを売り出していた。小中学生というのは適当である。けっこう前。
いわば「自社のシャンプーで頭髪をケアすることで魅力的な髪質を作り、カワイイを目指そう」という旨のコピーなのだが、この「カワイイはつくれる」は多くの女性の心を見事に鷲掴み、今や一般女性にとって“カワイイ”は作るものである。というのはある種常識の域にまで達している。

もっともその常識は“髪に限らず、あらゆる努力を惜しまぬことにより自身の容姿、また内面を磨き続けることでようやく”カワイイはつくれる。というもの。修行僧である。
しかも作り出せるカワイイレベルは千差万別であり、その上限は結局生まれ持った資質によって定められる。人の魅力って、なんですか?


冒頭で述べた整形ツイートは、上記のような修行に苦しむ多くの女性によってバズった。私は整形を否定しないし、長々と書いておいてなんだが私が書きたかった“カワイイの話”はこんな面倒な文章ではなくぶりっこの話である。


ぶりっこの話である。

先の話に無理矢理絡めるとするなら、磨く方向を仕草などに定めた人についての話。
これは本当に賛否両論あって、主に男性は賛、女性は否。しかし否の男性もいるし、女性はやっぱり大体否。
かくいう私は賛ではあるものの場合によっては否だ。

極端な例だが、私はBerryz工房というアイドルグループが好きで、国民的ぶりっこキャラである嗣永桃子のこともかなり応援していた。しかし、彼女のぶりっこを可愛いとはあまり思わなかった。むしろ知的でいつでも冷静な部分がとても好きだった。尊敬もしていた。
一方で菅谷梨沙子がぶりっこ的な仕草をすれば、おそらく諸手を挙げて「ピャ-!!!!」などと奇声を発する程には興奮していたと思う。りーちゃんきゃわわ。


また、ネアチャンがぶりっこ的な仕草をしたとすればおそらくクソ可愛いし、らんらんがすればそれもまたクソ可愛いし、えくるちゃんがすればそれもまたクソ可愛いのでもう僕は多分死んだ方がいい。この3人だとちょっと想像できちゃってヤバイ。超可愛い。


多分、恒常的なカワイイは努力によってそれなりに手に入れられる。それこそ髪を綺麗に保つとか化粧を研究するとかダイエットするとか。
瞬間的なカワイイは作れない。ネアチャンのふとした瞬間の“無”の表情や、らんらんの限りなく女の子である可憐な振る舞いや、えくるちゃんの不貞腐れていたり酔っ払ってよくわからなくなってる状態の可愛さは人為的には作り出せない。尊い



結論:尊い。ファイナルアンサー。

普通のブログと自分にまつわるetc

普通のブログを書く。


“普通”とはなにか。
我々のようなHIPHOPヘッズ、ひいてはレベルミュージック愛好家にとって“普通”や“常識”とは、その多くが悪であり、生涯をかけて抗うべきものである。
というような話は泥酔したAM3時頃にのみ許されるものであり、私のこの感覚は紛れもなく“普通”で“常識的”であると言える。
普通とは「いつ、どこにでもあるような、ありふれたものであること。他と特に異なる性質を持ってはいないさま。」です。そんな話がしたい訳ではない。



暇。とにかく暇。ひたすら暇。退職を控えた20代男性は日中やることがないのである。いや、やる気がないのである。
暇つぶしがしたい!そんな時、私は歌詞を書くことに決めていた。ここ1年くらい。
ラップの上達にも繋がるだろうし、そうして書き溜めた歌詞をフリートラックに当てはめれば1曲完成。お手軽。これはビートジャックというこの世で最も姑息な曲作りです。
しかし、困ったことに近頃何も浮かばない。既に先日、片手で数える程しか会ったことのないカフェ店員の曲を作ったばかりであり、そんな状況の私が休日にやっていることと言えばゲームをプレイしながらのネットラジオ聴取。圧倒的惰性。傍から見ると多分コイツはケツを掻くくらいしかやることがない。


だからブログを書こうと思った。せっかくあるし。有効活用した方がこのドメインも喜んでる。アリガトウ! ほらね。


ということで何故僕が7にこだわるのか〜みたいなクソしょうもないこと書こうと思ったけど既に文章が長い。こんなん読まないでしょ誰も。俺なら3行目でやめる。
まあ一言で言うとサッカー選手の背番号なんですけど、最近はサッカーの話すると性格が悪くなるのでその話はいつかします。
さようなら2018年W杯。ハリルホジッチに感謝とリスペクトを。

Starry nightの話

タイトルは本当にコレでいくのか。えくるちゃんの曲です。

もう前置き要らなくない?いつも長くなって読みづらいよね?小ボケ挟んだ文章がめんどくさいとかじゃないけどね?


本題!過去最速!タイトル!みんなのアイドル!えくるちゃんの曲を解説しちゃうぞ!


「やるせないね 浅はかな欲に金 夜が映すのは病んだ街の影」
冒頭から話が暗すぎ。ただの鬱病ですよね。
なーんか悩みっていつも金とか人間関係とか、正しい世界なら悩む必要ないクソみたいなことばっかだなって思ったリリック。世界だけじゃなくて俺もそう。浅はか。
空は海の青を映すとか聞いたことあるから、じゃあ夜は〜つってる。

「外には雨でもココは晴れ 悲しみ飲み干した君に幸あれ」
曲の終盤に掛かってるんだけど、世界はクソだけどえくるちゃんはネガも飲み干すようにして晴れ晴れとした気持ちにしてくれるから、君自身も幸せになれたらいいなって。

「価値観なんてのは違えて当然 確かめる方法だってないんだぜ せめて2人酌み交わすワイングラス
今日も君が俺の心を揺らす」
お約束の持論ライン。生まれ育った環境も年齢も性別も違うのに価値観同じな訳ないし、でも別に違ってよくない?グラスみたいにぶつけ合ってたら、お互いの形みたいなものがピタッとハマることもあると思うんだよね。

「星を眺める 君を眺める 君は酒が好き 俺は君が好き」
天体観測所設定を守る偉いオタクです。意味はそのまま星の数ほどいるオタクを相手する君は星のように輝いて見えるよみたいなクッサイこと言ってる。

「ムービーならスキップのルーティン 楽しいだけの日 今はこれでいい」
映画ならわざわざ撮影もしないくらい他愛ない、ただ楽しいだけの日ってのも大切。えくるちゃんといる時間を“今”っつってる。

「音に揺られて最高の気分 霧島と共に飲み干したネガティヴ」
個人的にめっちゃ気に入ってるライン。霧島って固有名詞入れることで俗っぽさとか、“僕がえくるちゃんについて書いたリリック”感が増す。


Hook(サビみたいなやつ)はまだ完成してないんだけどイメージだけは出来てるし、何よりこの曲の構成的にキラキラしたHook入れないとフロウが暗すぎるので頑張ります。
完成したら再編集します。

bloomの話

らんらんの曲作っちゃったね!チャオ!


作りました。曲を。カフェ店員の曲を作る謎のオタクです。
正直な話、まだ片手で数えられるくらいしか会ったことないのにAtelierで歌っちゃってるし、僕はあの人達が大好きだからいいとして、本人的には「急に曲で感謝とか愛してるとか言われても……」って感じだと思うけど、「知らん!俺は言いたいことは言うしラップするの!」って最近の曲は全部そんなこと言ってる気がする。


ということでリリックを解説しちゃう!ブログ開設したのその為だし!かいせつ!書いてく!韻を踏みました!

全編要約すると、らんらんとはまだ数回しか話してないけど、とっても素敵な人で、色んな話聞いてくれるし、笑ってくれてるとすっげー心が安らぐよありがとう!できればこれからもよろしくね!つってます。


「あの時は気付かずに通り過ぎてた 見向きもせずにどっか上の空 一息ついた秋のカフェテリア
Good chill one daytime 香る花」
実はお互い初対面だと思ってた時よりも前に会ってたんだけど、当時は僕が必死でアレコレしてたのもあって気付かなかったなって話をしてる。行きつけのカフェで一息ついてみたら素敵な花は咲いてたんだねって。あと僕の英語は基本テキトーです。chillは落ち着くとかって意味で、いい日だな〜つってる。

「吸う鼻から 俺は更々マトモにやる気ない 歌うLaLaLa
挨拶がわりやり方はフリースタイル 愛が伝わり咲いた繋がり 」
この辺はサンプリング(他の人の詞を引用することで言葉の背景とか輪郭を表現する手法)で、MC漢の「更々まともに〜」ICE BAHNの「愛が伝わり〜」を崩して使ったんだけど、らんらんだから花で「咲いた繋がり」つってて、マトモに〜とかやり方〜とかは、自分がオタクとして変なことやってんなと思ったので書きました。LaLaLaはらんらんの曲に絶対入れたいと思ってた。


「勝手気ままなまんまでいいぜ 日がな一日考えるweekend ちっせー悩みバックパックに背負い込む
背伸びはしない still 等身大」
ここは持論。ちゃんと考えた末なら勝手やっていいし、悩みは捨てるんじゃなくて持ったまま整理して進むんです。俺もらんらんのこと言えないくらいチビだけど、大きく見せようとなんかしないし、いつでもありのままで嘘のない俺のまんま関わっていたい。

※改訂前
「あの掛け時計は遅れたまんま 回る針の上 乗っけた感謝 Need in my life 泣いたりもするけどしてない後悔 watch your step 発車オーライ」
あの系列の店舗ってどこも時計ズレてません?曖昧に切ってくれる分にはありがたいんですけど。ってのと、なかなか会えなくて俺らの時間は進まねぇなみたいなカッコイイ意味を込めた。
そして時計の針とレコードの針を掛けたとても上手なリリック。そこに乗せた感謝。上手。拍手。
もっと早く会いたかったな〜とか早く会いに行きたいな〜とかで悩んだりするけど、自分で考えてやってきたことだから後悔はないぜって。近くにある大事なもの見逃さないよう、次は足下も見て行くぜ。発車オーライ。

※改訂後
「チョロいのは誰にでもじゃない こうさせたのは君じゃない?ほらその仕草もかなりヤバい I get high いつまでも見つめていたい」
ほぼそのままの意味。らんらんは仕草の一つ一つが可愛くって好き〜ってなっちゃう。I get highは薬なんかなくてもらんらん見つめてりゃハイになれるよ幸せだよって意味です。

Hook
「特別な名前で俺を呼ぶhoney 声聞くだけで俺はすぐwavy 近づいていく二人の距離 可憐な花と蜜蜂のように」
呼んでくれなくなっちゃってすげー落ち込んでるけど、かずくんって呼んでくれてたのがほんっとに嬉しかった。らんらんは花で俺が蜂、必然のように引き寄せられてんだな〜っつってる。好きな人を呼ぶ愛称としてのhoneyと蜜をかけました!上手!わーい!

「会えそうな日には呼びつけてhoney 真夜中だってすぐcall me baby 何処にいたって駆けつけるReady
study go let's say that “I love you” 」
いつ何処にいたって短い時間だって会えるならダッシュで向かうし、それが何故かって言わなきゃいけないなら言わせてくれよ“I love you”みたいなことを言ってる。


色々と挑戦作で、まだまだ言いたいことも改善点もあると思うけどとりあえずコレが今の俺の全部。

曲とか作って重ね重ねキッツいオタクだけど好きでいさせてくれてありがとね!!!!
またね!チャオ!

投稿した曲と聴いてくれてる人の話

どうもこんにちは。
ラッパー気取りクソキモイキリオタクです。


突然ですが複数人が見る可能性のある場で自虐だったりネガティブな文章を書くのは読んでて嫌な気分になるのであまりよくないですね。よくないと思います。よくないぞ!こら!
「ムカつく」的なのもね、書くなら対象を明確にしないと色んな人がびっくりしちゃうからね。ダッサイからやめようね。
文章で作品作ってる人とか絵描きさんとか音楽系とかのクリエイターは別なので自由に表現してください。


冒頭が長い!本題に入るまでが長い文章は駄文だぞ!


曲の話です。

僕が投稿してるアプリって投稿者は再生回数わかるんですよ。で、曲の話とかする人の人数から考えると、その人達+アプリの住民 くらいなんですね。

普通アーティストさんが曲の意味とか誰に向けてるかとかを語るのってインタビューで「昔の彼女のことです」「地元のマイメンですね」みたいに曖昧に説明する程度なんですよね。
それって多分、説明してしまうと受け取る側の解釈が入り込めなくなるからで、要するに不特定多数に聴いてもらうことが前提なわけです。
ただ僕の場合はそうでもないな、僕は“何か言ってる”曲しか書かないし、LoveにしろPeaceにしろdisにしろ、むしろ明確にした方がいいのかもな、なんて思ったわけです。長いなこの文章。


ざっくり説明しちゃおうって話です。


pellicule Original
これはみさこくんに向けたリミックスという名の替え歌です。次会いづらい。

Damn.
dis曲。清水さんです。

エゴイスト
そのままエゴイスト。堂山アンダーグラウンド

Nea posse , Nea is , ワンダーイエロー, memoir
ネアチャンです。Nea isは元々Nas Is Likeって曲のビートで作ってたからこのタイトルです。

Tokyo Stars
スターズ。

Étoile
えくるちゃん。地元のフレンズもロックされてた。

MINT YELLOW
ミンネア。まだ未完成。


ストライフだった人。

cause and effect
dis曲。ルミとその周り。R.I.P

How U Feel
コッチでフォローしてる人達。

avenue
元カノとみさこくんとえくるちゃん。

atelier
ミンネアハトリラン。


リリックの細かい解説も気持ち悪くて楽しかったからやりたい〜!また6月ね!ちゃお!