Hachinosu Records

自主音楽レーベル。所属アーティストが色々書きます。所属アーティストが。

好きなものと嫌いなものを羅列

ヤーマン。アラジンです。
好きな人が「私はジャスミンだ!」と言い張るので、それならとアラジンを名乗ることにしました。アラジンです。アラジンです。アラジンです。



今日はタイトルの通りで、本題が【羅列】なので前置きを引き延ばすことに必死です。
なんでこんなことをするのかを説明します。誰が読むねん。

僕は生きる上で目標というか夢というか、そうなったら人生楽しくなるんじゃないかなぁ、そういう人は楽しそうだなぁ、と思っていることがあって、それが【好きなものの数を嫌いなものの数よりも多くしたい】というものでして。

ということで、思いついた時に羅列するものも増やしていこうと。お手軽更新コンテンツを作ろうと。そういう話です。
とりあえず書きます。


好きなもの

好きな人、友達、HIPHOP、お笑い、サッカー、バスケ、おいしいもの、アルコール、おもしろい人・こと・もの


嫌いなもの

嘘、裏切り、上辺だけの人間・会話・関係、労働、社会、マスコミ、警察、クソみたいな法律、他人に迷惑をかける奴、面白くない人・こと・もの、くさい人間・もの、(多くの)老人

視点、見方の話

ハロー、絶望だよ。
性的であったり形であったりに関する差別とかのブログを読んだので近しいことを書くよ。ブロガーみたいだね。


上の二つは最近友達になった人の話で、僕は表立って見えるわかりやすい“違い”みたいなものは身長が極端に低いこと以外とくにないんですけど、自分が圧倒的マイノリティな人種だとも考えているので生きてるだけで被差別気分、そりゃもう生きにくい。

僕らのように四六時中自分と向き合って外界に目を凝らして言葉をこねくり回す類の人間は多分みんな思ってるんだけど、なんでお前らにとってはそれが普通で、それを受け入れてヘラヘラ生きてられんの?となったりする。

わかりにくい文章をダラダラ書いてて論旨がまとまってない。アホ。


差別意識についての話。

本題の前置きとして、僕はお笑いがとても好きで、それはプロのお笑い芸人は勿論、友達と話す上でのおもしろについてもそうなんですね。
そんで、僕が特に好きな笑いのネタの中に「偏見、差別、罵倒、不謹慎」といった社会において敬遠されがちなものがあるんです。
例えば、僕の友達に脚に障害を抱えてる人がいるんですけど、その人のことを「キャタピラ」と呼んでゲラゲラ笑ったり、僕自身の話だと、僕が少し失礼なことを言ってしまった時なんかに友達が「すいませんコイツ片親なんすよ」と言ってこれまたゲラゲラ笑ったり、身体も家庭も部落もイジる。こんな友達しかいないんですね。そりゃ歪みます。


でも楽しいんですよ。なんで楽しいのかって、本心で見下してるわけじゃないからだと思うんです。
被差別側の人間でもあるからこそ、そんなものは一つの情報であって、個人を決定付ける要素そのものではないと理解してるからなんです。
様々な情報の集合が個人を個人たらしめるのであって、ジェンダーも身体も境遇も、個人を構成する一点でしかないということを理解してるんですね感覚で。ただの点です。点点点、メーン?


女性は力が弱いし生理があるし、男性はキンタマって明確な弱点があるし、夜に黒人が歩いてると怖いし、でもぶっちゃけぶっ飛んでる俺らの方が危ないし。みたいな。


幸せな奴なんてみ〜んな大して考えないから悩みもなくダラダラ生きてるだけ。
俺らは不幸だからこそみんな違ってて一人の個として存在できる特別な人間なんだってこと。極端な話ね。いちいち幸せな奴にも悩みが〜とか言わないよみんなわかってるから。

そういう話。わかってるからこそ言えるし言わないこともあるよって話。勘繰り過ぎずに考え抜いて生きていこうぜ。
ハローハロー、peaceにさ。

昔の話

ハーイ皆の衆、人生終わってるか?絶望です。

この挨拶はネットラップが生んだ最高のパンチラインだと思っていて、こういう鬱屈とした言葉を吐ける土壌として、“ネット”ラップというのは素晴らしい場所だったなとしみじみ思います。昔の話をします。0ボケです。



これ読んでくれる人はきっと知ってると思うんですけど、僕は音楽が好きなんですね。特にHIPHOPなんですけど、他を聴かないという訳ではなくて、いわゆるポップスだって聴くことはあるんです。
日常や生き様、夢や理想を歌ったチルやエモのものや、スキルを誇示するもの、ひたすら遊んで楽しもうというパーティーチューンまで様々に聴くんですが、そんな中でも問答無用で、ジャンルなど関係なくくらってしまう類のものが存在して、それが冒頭で述べたような鬱屈とした言葉を遣った音楽なんです。


さユりって知ってます?みなさん。ユだけカタカナなんですけど

そのさユり、実は好きなんです。曲だけ聴いたら僕らと似た人種なのかなぁとなります。僕らのような人間であればもっと目が死んでるはずなので多分違う人種なんでしょうけど、歌っている内容は僕らのような人間の叫びです。


昔の話ってのはここからで、昔お付き合いしてた女性がさユり好きなんですよ。好きだと聞いたのは別れてしばらく経ってからなんですけど。
今でも仲が良いので、曲を流しながらダラダラと通話をする機会があるんですけど、さユりが流れる度に本当に苦しそうにしていてスッと曲を変えるんですね。
というのも、生まれつき身体がとても弱い人で、そういう事情で色々面倒があって別れることになったりとかしたんです。彼女自身音楽を趣味の範囲でやっていて、ジャンルこそ違うけど僕とは比べ物にならないくらい歌も楽器も上手で、ただ身体の問題で本格的にライブとかはできないし、メンバーに迷惑をかけるからとバンドも組まないしで悩んでたみたいで。
で、ミカヅキって曲に「出来損ないでどうしようもなくて」ってフレーズがあるんですけど、それが彼女の心をズタボロにするらしくて、私は人間の出来損ないだから、生きていくための才能がないからと言っていて、昔とはいえ好きだった女性が苦しんでいるのを見るのはいくら僕でも耐えられるものではなくて、でも、最低だとは思うけど、俺はこの人のこういう脆さとか儚げなところとか、作り物みたいな人生性とかに惹かれていたんだなぁと再認識したりもして、やっぱり俺は最低だな。となった話でした。


たまたまさユりを聴いて思い出した話。なんとなく俺も気分がアレだったので書き殴りたかっただけの話。たまには100%の自分語りに付き合えって話。



指を満足に動かせなくなる時もある。声さえ出せない時がある。神様、私から音楽まで奪わないで。

などと、SNSでもなく創作物でもなく、本気で、心から、涙混じりに言える人間がいったいどれほどいるでしょうか。
青い、クサい、勘違い、なんて貶めるのは簡単かもしれんけど、お前らの考えが及ばないほどに本気で生きてる奴がいるってこと。そういう話。カッケーこと言うのも楽じゃないぜ。お前らみたいなのがいるから。

お姉ちゃんの話 part2

お姉ちゃんの話。しょーみ酔っ払いまくっているのでマトモな文が書けない。許してくれ許してくれ……フォッカチオにガムシロかけないから許してくれ……



お姉ちゃんの話をまたする。


久しぶりにお姉ちゃんと会った。やっぱり実際に会ったら「ぴっぴ」などと呼んでしまうし、間違ってもお姉ちゃんなんて呼べないけど、お姉ちゃんに会った。


みじかい時間だったけれど、お姉ちゃんに会って改めて、俺はこの人を愛しているんだなって、そして愛していてよかったなっておもった。

そもそも上京した理由の大部分を占めるのがお姉ちゃんな訳で、会うのが久しぶりになってしまったこと自体、もう片手でも余るほどしか会えないこと自体が不本意で、もっともっと同じ時間を過ごせるものとばかり思っていて、こんなに深く人を愛せることは、この先の人生でもないんじゃないかと思っていて。

そんな気持ちを抱いていながら、曲にしただとか言い訳を並べて会いに行けないことがどうしようもなく情けなくて。


えくるちゃんは、他の女さんとは違って、きっとホンネで関わってくれていて、だけどとっても優しくって、いつでも笑顔で愛させてくれて、俺にとって人生の目標で、いつまでも追いつけない眩しい人で、人として、楽しいことだけとは言えない世界を約3年も続けていたことや、色んな人種との関わり方とか全て含めて、ずっとずっと憧れの人で、もう会えなくなるのだと思うとどうしようもなく悲しくて、文章も冗長で読みづらいものになっていると思うけど、そのくらい愛していて。


よくわからん締めになるけど、会えなくなったとしても俺の愛は変わらずにあって、口に出さなくなっても形にはなっていて、いつまでも歌い続けることでそれを証明するし、俺は俺で強く生きていくから、君は俺が憧れた君のままで、素敵に笑って生きていてください。



peace out.エクル・E・エトワルに俺の人生最大の愛と感謝とリスペクトを。

最近の話

時事ネタです。
ぼくはブロガーなので最近の話を記事にすることにしたんですけど、色々ありましたね。


久々に勃発した有名人同士のbeefがクソイケ音源で幕を閉じようとしていたり、クソダサ自称ギャグラッパーのおしゃべりおじさんがバビロンの犬になったり🐶ワンワン、CLではアヤックスがとても面白かったりと、楽しい世間だったわけです。



そんな中ぼくはと言うと、めちゃ楽しい飲み会を月一で行えていたり、バイトがちょっと楽しくなってきたり、趣味としてアニメを見始めたり、コンカフェに全然行かなくなったりとクソみたいな毎日を過ごしています。皆さんお元気ですか?立派な大人にはなれましたか?


という感じで個人的にも色々あった最近で、楽しい飲み会では今回あんま笑い取れんかったなとか意味わからん反省してたり、そこで体調崩してバイト休んだり、この国の搾取システムに悪態をつく相変わらずの最低な日常。嫌んなるぜ本当。




で、一番書きたかったのはコンカフェの話で、なんであんま行かなくなったのかって話で、端的に言うと前ほど楽しめなくなったんですね。


好きな子の出勤と合わなかったりありえん金がかかったりっていうのも大きいんですが、最大の理由は楽しめなくなってきたってことです。


何故楽しめなくなってしまったんだろうと考えてみたら、チャージ料払わんでも月一で飲み会できるから笑えるやんってことや、これは前々からだけど最近特にコンカフェ店員さん達の言葉の端々からしょうもなさを感じるようになってしまったことが原因のようです。



耳触りのいい言葉で好意を自分に向けさせようとか、そういう嘘で塗り固められた人間関係に辟易してしまいましたとさ。
上辺だけ、というか立場ありきの関係であることは重々承知していて、だからこそ、そんな関係なのに嘘もなく楽しく関わろうとしてくれる人達は変わらず好きですよ。愛してるよありがとう。




締め方がよくわからんので最後にパッと思い浮かんだ嫌いなものを羅列して終わります。ありがとうございました。


嘘、裏切り、謎イキリ、バティマン、しょうもな、おもんな

お姉ちゃんの話

どうも絶望です!余談ですが最近「絶望です」って名乗ることが増えて、この名前出オチ感すげぇな となってる!ワァ〜!




なんか上の文章がおもんないピン芸人のつかみみたいになった。今日は本題が明るい話ではないので冒頭だけでもとテンションを上げてみたよ。明るい話書いたことありましたっけ?絶望さん


ということで本題なんですけど、お姉ちゃんの話。まず予備知識として僕に姉はいません。7つ上の兄とその奥さんはいるので一応義姉はいるのですが、戸籍上姉はいませんし、他の家族も別に要りません。
じゃあお姉ちゃんの話って妄想なの?めっちゃ気持ち悪いね。と思ったそこのあなた、半分不正解で半分正解です。妄想ではないけどめっちゃ気持ち悪い話です。



えくるちゃん、という人がいて、僕はぴっぴと呼んでいたりするのだけど、その人はとても美しい人で、その人に会うためだけに六本木に足繁く通う人達が後を絶たないんですよ。コレって普通に凄いことじゃないですか?キャストさんってすげーよ。


そんで僕はそのぴっぴ、えくるちゃんのことが好きなんですね。わりと長いこと好きなんですよ。ただ、その好きって気持ちがどういう種類の好きなんだろうって思って。
恋ではないんです。多分。今までしてきた恋とは違う感情で、勿論容姿はすごい好きだし、性格も大好きなんだけど、なーんか今までの恋心とは違うものだなぁ慕っている、というか。なんなんだろう。と考えてたんです。


そんなある日、というか今日、えくるちゃんが僕らの前からいなくなってしまうという報せを受けまして、事前に少し聞いていた僕は「あーいよいよか」と通ぶりオタクの顔つきをしてチョコをパクパク食べていたんです(ぼくはチョコレートパクパクマシーンなので)けど、ポロポロっと、漫画のように涙が頬を伝いまして、あぁ、俺は本当にこのえくるちゃんっていうお姉ちゃんみたいな人のことが大好きだったんだな……お姉ちゃん?今お姉ちゃんって言った?俺。となって、僕がぴっぴに抱いている愛情が親愛の最たるものであることが判明しました。というお話。




なんか色々エピソードとか書いてエモいブログにしてやろうと思ってたけど全部曲で言ってた。ラッパーなので。誰かに伝えたいことも既にlyrics。






では最後に、エクル・E・エトワル、ヴィヴィ・A・ウエストウッドの2人に会えるのは5/17日が最後です。
えくるちゃんのことばかり書いてますがヴちゃんもとっても素敵な人です。

5/17 六本木 アフィリア・スターズ 全員集合


以上!
できればまた曲作ります!

気持ち悪いけど何を悩んでいるかの話

です。

キモいですね。病んでるんですって。しかも大切だと思ってる人に勘づかれて心配されちゃったんですって。情けないですね。クソダサです。

とりあえず整理の為に何を悩んでいるか書き出そうとブログを引っ張り出してみました。便利。ブログ最高。


本題。細かく書けば色々ある。金とか立場とか人間関係とか、そらもう数え切れんほどの絶望に囲まれて生きてる。
けど、何故この状況で眠れない夜が続いたり、おかしくなってしまったりが多発しちゃうんでしょうと考えたところ、最近ラップしてないことに気が付いたんですよね。

フリースタイルだったり好きな曲口ずさむくらいなら毎日してるけど、自分でリリック書いてフリートラック見つけて〜みたいなことを全然してない。
「自分保つ為の特効薬 HIPHOP ダサいけどコレしかねぇ」って昔俺が曲で言ってたことですし、これは良くない。と思って書こうとしても何にも書けなくて、モヤモヤして結局こうして生産性ゼロの意味不明ブログを書くという体たらく。情けない。

もうブログの書き方もわからない。文の締め方さえわからなくなってしまった。好き芸人のラジオでも聞きながら寝ます。



おらおらあーした!