Hachinosu Records

自主音楽レーベル。所属アーティストが色々書きます。所属アーティストが。

Starry nightの話

タイトルは本当にコレでいくのか。えくるちゃんの曲です。

もう前置き要らなくない?いつも長くなって読みづらいよね?小ボケ挟んだ文章がめんどくさいとかじゃないけどね?


本題!過去最速!タイトル!みんなのアイドル!えくるちゃんの曲を解説しちゃうぞ!


「やるせないね 浅はかな欲に金 夜が映すのは病んだ街の影」
冒頭から話が暗すぎ。ただの鬱病ですよね。
なーんか悩みっていつも金とか人間関係とか、正しい世界なら悩む必要ないクソみたいなことばっかだなって思ったリリック。世界だけじゃなくて俺もそう。浅はか。
空は海の青を映すとか聞いたことあるから、じゃあ夜は〜つってる。

「外には雨でもココは晴れ 悲しみ飲み干した君に幸あれ」
曲の終盤に掛かってるんだけど、世界はクソだけどえくるちゃんはネガも飲み干すようにして晴れ晴れとした気持ちにしてくれるから、君自身も幸せになれたらいいなって。

「価値観なんてのは違えて当然 確かめる方法だってないんだぜ せめて2人酌み交わすワイングラス
今日も君が俺の心を揺らす」
お約束の持論ライン。生まれ育った環境も年齢も性別も違うのに価値観同じな訳ないし、でも別に違ってよくない?グラスみたいにぶつけ合ってたら、お互いの形みたいなものがピタッとハマることもあると思うんだよね。

「星を眺める 君を眺める 君は酒が好き 俺は君が好き」
天体観測所設定を守る偉いオタクです。意味はそのまま星の数ほどいるオタクを相手する君は星のように輝いて見えるよみたいなクッサイこと言ってる。

「ムービーならスキップのルーティン 楽しいだけの日 今はこれでいい」
映画ならわざわざ撮影もしないくらい他愛ない、ただ楽しいだけの日ってのも大切。えくるちゃんといる時間を“今”っつってる。

「音に揺られて最高の気分 霧島と共に飲み干したネガティヴ」
個人的にめっちゃ気に入ってるライン。霧島って固有名詞入れることで俗っぽさとか、“僕がえくるちゃんについて書いたリリック”感が増す。


Hook(サビみたいなやつ)はまだ完成してないんだけどイメージだけは出来てるし、何よりこの曲の構成的にキラキラしたHook入れないとフロウが暗すぎるので頑張ります。
完成したら再編集します。